キッズモデルのマメ知識の記事一覧

モデルの仕事って、どんな仕事を思い出すでしょうか?

テレビのCM?、雑誌や新聞の広告、それから…
街にあふれるポスター、おもちゃのパッケージ、ブランドや
雑誌の専属モデル等々…

思いつくだけでも本当に色々とあります。

でも、これらの仕事の紹介(求人)を見た事がありますか?

あまり見た事は無いと思います。
一般の、私たちの目に触れる事はほとんどありませんから、
情報を持つ人や団体から情報を教えてもらう必要があるのです。

どんな団体からそれらの情報をもらうのかって事ですが、
「モデル事務所」、「劇団」、「雑誌・ブランド等の募集」、
「INTERNET上の斡旋してくれるWebサイト」とかが主だった所ですね。

どこが良いかと考える時になんらかの判断基準が必要ですよね。

その判断基準の中でも重要なのはお金ではないでしょうか?

ちなみに、モデルになったら、結構お金がかかったりしますが、
子どもに稼いでもらうなんて考えないでくださいね。
良い思い出が作れると言う事に、お金がかかると考えて下さい。

さて、これらをお金のかかる順に並べてみましょう!
あくまでも、私の主観ですが、私が色々な方から聞いた話しを
総合すると以下の順位になります。

1・劇団に入る。

2・モデル事務所に入る。

3・INTERNET上の斡旋してくれる、サイトで登録

4・読者モデル等に応募する。

こんな感じなのですが、次はもう少し詳細に説明しますね。

キッズモデルのマメ知識

キッズモデルを決心したならば、「子供だから」と言う甘えを捨てる事が必要です。
これを捨てなければ、おそらくは先に進めないと思います。

よーく考えてみてください。
自分が人をアルバイトで雇う場合にですが、
仕事中に「アルバイト」ですからと言って仕事をやらない人を
雇いたいと思うでしょうか?

それと同じ。

キッズモデルはプロのモデルです。
たとえ子供であってもプロとして仕事をしてお金を頂くのです。
「子供だから」なんて言い訳は通用しません。

そんな言い訳をする人には仕事やオーディションの話は
来ないと考えてください。

自分の子供となると、ついつい甘くなりがちですが、
そこは心を鬼にする事です。

モデルとして登録されたら、子供を子供として見てる人はいません。
モデルを職業としている人として見られます。

マネージャーさんを含め、この仕事に関わるかた全ての人が
そのように見ると言う事を、忘れないでください。
そうすれば、道は開けると思います。

キッズモデルのマメ知識, キッズモデルの下積み時代

一般的にはこの4つの方法のどれかを選択すると思います。

1・劇団に入る。

   私が聞いた話しでは、とてもお金がかかるそうです。
   毎月のレッスン費が結構大変だそうです。

   ただ仕事がなかなか取れなくても、その劇団主催の
   劇やミュージカルでエキストラ等の役をもらえるところも
   あるらしいです。
   なので、ちゃんとレッスンを受けていれば一番早く良い想い出が
   出来ちゃいますね。

   このお話は某劇団所属の知り合いのお母さんのから伺いました。

2・モデル事務所に入る。

   レッスンは劇団よりは少ないみたいで、劇団より
   金額的には安価になる様です。

   また、レッスンの無いモデル事務所もある事から
   所属するモデル事務所により変わると思います。

3・INTERNET上の斡旋してくれる、サイトで登録

   色々見た所、登録料ぐらいのようです。
   安く済ませたい時には良いかもしれません。
   でも、レッスンとかは、あるのでしょうか?
   ご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

4・読者モデル等に応募する。

   お金はかからないと思います。でもライバルはとても
   多いでしょう。読者モデルに一番必要なのは運では無いかと
   思っています。

私はこの中で一番、コストパフォーマンスが良いのが「モデル事務所」と
思います。
まぁ、私の娘がモデル事務所に所属していたって言うのもありますけどね。

ちなみに私はレッスンをオーディション対策と思っていて最重要項目と
考えてます。

なのでレッスンの無いモデル事務所ってどうなんだろうって思います。

仕事をもらう為には、オーディションで合格する必要があるのに、
その対策や基本的な事を教えないって不利にしかならないと考えるからです。
応募してきた素人のママたちにそこまでやらせるんでしょうかね。

もちろん書類審査のみの、仕事もありますがとても少ないです。

3及び4は金額的には安いのですが、大半はレッスンが無いですよね。
ご両親が考えて習い事でカバーと考えると、お勧めでは無いのですが、
お手軽に始められるので入門と考えると良いかもしれません。
でも、通常の習い事はオーディション対策としての、カリキュラムでは
無いので、レッスンに変わるものと言う観点からするとズレが生じる可能性は
否定できないと思います。

このずれは何処から来るかと考えると、
通常の習い事は、「みんな仲良くガンバローよ」的なんですけど、
レッスンは「仕事は他人にわたさない。」的なんでみんな真剣です。
アマチュアとプロの差と考えれば良いかと思います。

以上の事から「モデル事務所への登録」が良いかな?とおもいます。
あまりお金をかけたくなければ、3及び4の選択肢もOK!で、本気で
やりたくなったら登録すれば良いと思います。

もちろんこれは私の考えであって、人により変わると思いますので、
判断材料の一つとお考えくださいね。

キッズモデルのマメ知識

そうそう、街でスカウトされたよ!なんて言うとね。
みんな興味あるみたいで、興味しんしんで聞いてきます。

でも話の途中くらいから、そんなの【スカウト】じゃなくて、
【勧誘】じゃんって言う人も言う人も多いです。

モデルってお金がかかる事が多いのです。
「スカウトされたなら、交通費は事務所持ちのはず。
交通費が自分持ちと言う事は勧誘だよ」って。

ネットで検索するとわかるのですが、
モデル事務所では通常ほとんどの費用は自分持ちです。

どのくらい当たり前の話かと言うと。

塩って書いてる瓶の中身を味見して、
「甘くないから砂糖じゃない!!」って怒ってる様な物
知ってる人からみると、「その瓶にちゃんと、塩って書いてるよ。」
そう思うじゃないですか!

それと、同じぐらいの簡単な間違いなのです。
どうして間違ってしまっているかと言うと、
芸能事務所と混同しているだけなんですよね。

芸能事務所とモデル事務所は厳密には違うって言う事です。
まぁ、似ていますからね。

ちょっと脱線しちゃいましたね。

【スカウト】と【勧誘】どっちが正しい?のかですが、
はっきり言ってどちらでも良いです。

どちらも大きくは変わりませんから。
ご自分たちのお考えで良いと思うのです。

我が家ではいい思い出なので、【スカウト】と言ってますけどね。(*^。^*)
その方がモチベーションも上がって良いですから。

キッズモデルのマメ知識