チョコレートの記事一覧

お子さんが小学生ぐらいになると深刻な問題が発生します。
なんだと思います?

それは、歯の生え換わりの時期になるんですよね。

赤ちゃんモデルは気にもしなかった事が!
キッズモデルになると歯がそろっている事がとても重要なんです。

うちの娘が小学校の1年生の頃の事です。
歯の生え変わりの時期でちょうど2本ほど抜けていたことを、
モデル事務所のマネージャーさんに報告したあとなんて、

マネージャーさんから電話がかかって来ると最初の会話が「歯は生えてきましたか?」と
そんなに早く生えないって!!と心の中で突っ込みを入れていた事が懐かしいですね。
「まだです。」とかって答えると、「わかりました!」とか言いながら電話を切られていました。

歯が無い時には仕事はおろか、オーディションすらもらえません… (-_-;)

普通に考えると、歯ぐらいいいじゃんって思いますよね。

でも、モデル事務所に仕事が入る時に指定があるらしいのです。
「歯は生えそろっている事」なんてね!
歯の有る無が清潔感を損なうと考えられている様で、
特に食品関係がの場合は顕著に嫌がられます。

たとえば…想像してみてください。

食品のCMに出ているモデルさん。微笑むと歯が抜けている…
なんか?違和感ありませんか?

私はとても気になります!
歯が無い… と言う事は虫歯を連想させるので、
イメージを大切にする企業の側ではとても気にしているのです。

そうしたら生え変わりがはじまったら、どうしたらいいのかと言うと
仮歯と言う物をつけます。(笑)
イメージ的には、部分入れ歯の様な物ですね。

娘も実際に使用していました。
実際にオーディションや仕事の現場では、ほぼ同年代の子供が集まるじゃないですか。
生え換わりの頃だとほとんどの子供が仮歯をつけていたりするんですよね。
オーディションなんかの控え室で、大勢の子供が仮歯をカチャ、カチャと付け外し
している姿はなかなか怖いですよ。

仮歯を付けたからと言って、完璧ではありません。
私達では仮歯を付けている事すらわかりませんが、オーディションでマジマジと顔を見られ、
「仮歯つけてますね!」といわれる事もあります。

とは言え、本当に仮歯も禁止のオーディションなんかはマネージャさんが
生え変わりの間は回してくれませんから、あまり気にする事もないのです。

この仮歯は歯医者さんで作ってもらうのですが時間がかかります。

出来る間も無駄のしたくない!!って考える人ですごい人がいました。
「プラスチックで歯を作る」そうです。

一瞬、え!って思っちゃいますよね。

娘は作らなかったので、詳細は忘れてしまいましたが…

東急ハンズとかで売っている「低温で細工の出来る、プラスチック」を使い、
これを沸騰したお湯に浸けてやわらかくなった所を歯の形に大まかに形成し
その後やわらかいうちに、子供の口の中で微調整をするそうです。

子供が焼けどしないのか?と思ったりしましたが、さらにこれを接着剤で
貼り付けるそうです。

でもこれ、やらない方が良いと思いますよ、オーディションって、
時には激しい動きのある時もありますから、
接着剤が外れて子供が飲み込んだりしたら…と思うと怖くて使えません。

もしやるなら、自己責任でお願いします。

どんな方法を取るにしても、歯科医師と相談して決めるべきです。
私たちも歯科医師の方と相談して仮歯を作って頂きましたしね。

最後に一つ、オーディションや仕事の休憩中にチョコレートを食べるのはやめましょう。
歯に付いたチョコレートの為に、オーディションや撮影が止まってしまう事もあります。
実はうちの娘がやらかしました。

お子さんがおやつを食べた時はちゃんと確認してあげましょうね。 (^^ゞ

キッズモデルの経験